メニュー

【実際の受診について】

新型コロナウイルス感染症対策のため、里帰り先に移動した後2週間以上経過観察し、問題がないことを確認してから健診を受けて下さい。

【当院への受診について】
①できるだけ24週ごろには一度診察をうけていただき、胎児の状態などを見させていただきたいと思います。胎児心臓に異常がないかのスクリーニングをそのころに行っています。
 ただ、骨盤位の場合はせっかくお越しいただいても全くスクリーニングできない場合があります。
②34週以降の妊婦健診は当院で受けていただきますので再度の紹介状をご持参の上、受診してください。
 妊娠36週の妊娠後期検査は必ず当院でお受けください。不足の検査もその際に追加させていただきます。
③前回帝王切開術既往で今回反復帝王切開予定の方は32週から、骨盤位の方、前回初産で37週分娩となった方などは必ず34週から当院で健診をお受けください。

【パンフレットについて】
①お送りした当院作成のパンフレットは皆様のご質問等をもとに作成していますので
 熟読いただきますようにお願いします。
②ただ、安産に必要な内容はマタニティクラスで別にお話ししていましたので、このパンフレットには掲載できておりません。こちらもWovieの動画配信システムでマタニティクラスの内容を配信していますので分娩までに必ずご覧いただきますようにお願いします。

【当院で分娩していただけない場合】
里帰り受診をされた際に、妊娠リスクが高くなり、当院で分娩していただくことができなくなった場合はそれまでの経験を活かして、適切な場所に適切にご紹介致します。

 

 

 
 
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME